講座のご案内

特別コース

作文コース (Corso di italiano scritto)

  • 2時間授業
  • 週1回
  • 授業数 20回(2018年10月~2019年3月)
  • 授業時間合計 40時間
  • テキスト オリジナル教材
※下記一覧表は左右にスクロールできます。
レベル コース名 内容
中級以上 IS 一通り基礎文法を学習した方を対象とした講座で、イタリア語作文に欠かせない重要な文法事項を確認し、正確に書く力を養います。様々な角度から基礎知識を学び、実用イタリア語検定の3級と準2級の作文対策としても有効な演習を行いながら、明確な文章を作成する表現力を習得します。各種試験に向けて作文力の向上を目指す方、イタリア語で手紙や文章を書く機会のある方などにおすすめの講座です。

講読コース (Corso di Lettura)

  • 2時間授業
  • 週1回
  • 授業数 20回(2018年10月~2019年3月)
  • 授業時間合計 40時間
  • テキスト
    • 詳細は後日ご案内致します。※取り上げる作品は事情により 変更する場合がございます。
※下記一覧表は左右にスクロールできます。
レベル コース名 内容
上級 CLA 新聞や雑誌の記事、小説や文学作品の一部など、さまざまな種類の文章を取り上げて読み、読解力を養うと同時に知識の幅を広げます。また、多様なテーマについて話しあうことで、自分の意見を表現する会話力を上達させます。イタリア語の会話に慣れている上級者向けのコースです。
上級 CL-S 今期はBruno Arpaiaの『Qualcosa, là fuori』を読みます。この講座では辞書を片手に単語や文章の意味を追うだけでなく、味わいながら読むことができる読解力を養うことを目指します。
今まで一人で読書していた方も、是非、講師のイタリア語による解説を手がかりにイタリア文学を読む面白さを発見してください。

[新講座] イタリアの詩を読む-作詩法の基本
(L'arte della poesia italiana-Elementi di Metrica)

  • 2時間授業
  • 授業数6回(2019年2月12・19・26日、3月5・12・19日)
  • 授業時間合計 12時間
  • テキスト 『作詩法の基本とイタリア・オペラの台本』エルマンノ・アリエンティ
  • 講師 Ermanno ARIENTI
※下記一覧表は左右にスクロールできます。
レベル コース名 内容
中・上級レベル以上 API イタリアの詩を読み味わうために知っておきたい基礎知識を学ぶ講座です。詩行、音節、アクセント、脚韻、詩節など、作品を正しく解釈し理解を深めるために必要な形式、単語や表現などを学習します。マンゾーニ、ヴェルディ、レオパルディなど、ルネサンス期から19 世紀までの詩を中心に取り上げる予定です。授業では実際に声を出して詩を読む練習をします。声楽家の方はもちろん、詩にご興味のある皆様のご参加をお待ちしております。

[新講座] ローマのルネサンス-君主と宮廷人の時代の強権教 皇と偉大な巨匠たち
(Storia, arte e letteratura dell'Italia “Il Rinascimento a Roma”)

  • 2時間授業
  • 授業数7回(2018年10月26日、11月2・9・16・30日、12月7・14日)
  • 授業時間合計 14時間
  • テキスト オリジナル教材
  • 講師 Filippo DORNETTI, Vincenzo SPINUSO, Marco SBARAGLI
※下記一覧表は左右にスクロールできます。
レベル コース名 内容
上級・最上級 SAL 各期ごとに取り上げる時代の歴史、芸術、文学を学び、その関連性に着目しながらイタリア史の流れをたどります。1400年の終わりから1500年初頭はイタリア同盟の均衡が崩れ、各地の主君と教皇庁の群雄割拠の時代に突入します。また美術界の三大巨匠、レオナルド、ラッファエッロ、ミケランジェロが活躍した時代でもありました。文学ではニッコロ・マキャヴェッリが『君主論』、バルダッサーレ・カスティリオーネが『宮廷人』、人文主義の枢機卿ピエトロ・ベンボが『俗語読本』を著し、詩人ペトラルカや散文作家ボッカッチョと同様、当時の文人の模範書になりました。この機会をお見逃しなく!

日本の芸術をめぐる旅 (Percorsi di arte giapponese in italiano)

  • 2時間授業
  • 授業数 6回(2019年1月12・26日、2月9・23日、3月9・16日)
  • 授業時間合計 12時間
  • テキスト オリジナル教材
※下記一覧表は左右にスクロールできます。
レベル コース名 内容
中上級 AG 鎌倉時代の日本の美術をイタリア語で学び、日本を訪れる観光客にイタリア語で紹介する語学力と知識を養います。毎回の授業は二つのパートに分かれます。最初に講師が作品の背景や歴史上の重要性、語彙や言い回し、要点などを解説します。続いて受講生が、学んだことをもとにイタリア語で日本美術を紹介する練習をします。新たな発見を楽しみながら理解を深め、実際にイタリア語で伝えることで、的確に表現する力を定着させます。

イタリア映画史散歩
(La storia del cinema italiano...in pillole “Uomini meccanici,dischi volanti e effetti speciali -il cinema italiano e la fantascienza-”)

  • 2時間授業
  • 授業数2回(2019年1月19日、2月16日)
  • 授業時間合計 4時間
  • テキスト オリジナル教材
※下記一覧表は左右にスクロールできます。
レベル コース名 内容
上級・最上級 SCI 今期はイタリア映画の中であまり知られていないジャンルの1つ、SF映画を取り上げ、サイレントの初期から現在に至るまでの歩みを様々な視点からたどります。大衆娯楽的なものから名監督による作品、アメリカ風SF、パロディ調も登場し、カルロ・ランバルディのような視覚効果の名匠も現れます。やがて政治・社会を批判する手段にもなり、近年はインディペンデント系映画のテーマの1つになっています。イタリア映画の歴史を通して、イタリアの文化と社会への理解を深めていきます。