講座のご案内

特別コース

作文コース (Corso di italiano scritto)

  • 2時間授業
  • 週1回
  • 授業数 20回(2020年4月~9月)
  • 授業時間合計 40時間
  • テキスト オリジナル教材
※下記一覧表は左右にスクロールできます。
レベル コース名 内容
中級以上 IS 一通り基礎文法を学習した方を対象とした講座で、イタリア語作文に欠かせない重要な文法事項を確認し、正確に書く力を養います。様々な角度から基礎知識を学び、実用イタリア語検定の3級と準2級の作文対策としても有効な演習を行いながら、明確な文章を作成する表現力を習得します。各種試験に向けて作文力の向上を目指す方、イタリア語で手紙や文章を書く機会のある方などにおすすめの講座です。

[新講座] 文法を見直そう (Corso di rinforzo grammaticale)

  • 2時間授業
  • 授業数 20回(2020年4月~9月)
  • 授業時間合計 40時間
  • テキスト Gramm.it
※下記一覧表は左右にスクロールできます。
レベル コース名 内容
中級 GR-M 一通り文法を勉強したものの、あらためて文法や語彙の知識を必要としている方を対象とした講座です。基礎文法の知識を整理してしっかり学び直したい方や、習得しきれていない部分を補足・強化したい方におすすめです。読む・書く・話す・聞く力を向上させ、様々な場面で運用するために必要な文法力を養います。

講読コース (Corso di Lettura)

  • 2時間授業
  • 週1回
  • 授業数 20回(2020年4月~9月)
  • 授業時間合計 40時間
  • テキスト
    • 詳細は後日ご案内致します。※取り上げる作品は事情により 変更する場合がございます。
※下記一覧表は左右にスクロールできます。
レベル コース名 内容
上級 CLA 新聞や雑誌の記事、小説や文学作品の一部など、さまざまな種類の文章を取り上げて読み、読解力を養うと同時に知識の幅を広げます。また、多様なテーマについて話しあうことで、自分の意見を表現する会話力を上達させます。イタリア語の会話に慣れている上級者向けのコースです。
上級 CL-S 今期はGiuseppe Catozzellaの『E tu splendi』を読みます。この講座では辞書を片手に単語や文章の意味を追うだけでなく、味わいながら読むことができる読解力を養うことを目指します。今まで一人で読書していた方も、是非、講師のイタリア語による解説を手がかりにイタリア文学を読む面白さを発見してください。

[新講座] バロック期における大都市
(Storia, arte e letteratura dell' Italia “Grandi città italiane nell’età del Barocco”)

  • 2時間授業
  • 授業数9回(2020年5月22・29日、6月5・12・19・26日、7月3・10・17日)
  • 授業時間合計 18時間
  • テキスト オリジナル教材
※下記一覧表は左右にスクロールできます。
レベル コース名 内容
上・最上級 SAL 今期はローマに始まりヴェネツィア、ナポリ、そしてボローニャを概観し、バロック期の重要な側面を考察します。歴史では対抗宗教改革の最高潮を迎えたローマがカトリックの世界的中心としての地位を確立し、ヴェネツィアはオーストリアやトルコの脅威から海王国を死守し、スペイン帝国の広大な飛び地ナポリは1647年、マザニエッロが指揮する民衆蜂起に代表される激しい反乱の舞台となり、ボローニャは経済が衰退するヨーロッパで水車による絹糸の生産で名を馳せてゆきます。美術史はカラヴァッジョの革新的な芸術で興味深い進展を見せ、1600年代が進むにつれバロックは主役を担うジャン・ロレンツォ・ベルニーニによって都市ローマの様相が一変します。文学史ではコンメディア・デッラルテの起源に迫り、各地に誕生したメロドラマ、そしてナポリで出版されたジャンバッティスタ・バジーレの民話集「五日物語」にも触れます。

日本の芸術をめぐる旅 (Percorsi di arte giapponese in italiano)

  • 2時間授業
  • 授業数 6回(2020年5月9・23日、6月13・27日、7月11・18日)
  • 授業時間合計 12時間
  • テキスト オリジナル教材
※下記一覧表は左右にスクロールできます。
レベル コース名 内容
上・最上級 AG 室町時代の日本の美術をイタリア語で学び、日本を訪れる観光客にイタリア語で紹介する語学力と知識を養います。毎回の授業は二つのパートに分かれます。最初に講師が作品の背景や歴史上の重要性、語彙や言い回し、要点などを解説します。続いて受講生が、学んだことをもとにイタリア語で日本美術を紹介する練習をします。新たな発見を楽しみながら理解を深め、実際にイタリア語で伝えることで、的確に表現する力を定着させます。

イタリア映画史散歩
(La storia del cinema italiano... in pillole “Amori e Vulcani”)

  • 2時間授業
  • 授業数3回(2020年9月12・19・26日)
  • 授業時間合計 6時間
  • テキスト オリジナル教材
※下記一覧表は左右にスクロールできます。
レベル コース名 内容
上・最上級 SCI 今期は1950年代の映画界を代表する三人の大物、ロベルト・ロッセリーニ、イングリッド・バーグマン、アンナ・マニャーニを取り上げます。エオリア諸島の自然と火山を舞台に、同じ時期に撮影された二つの映画、繰り広げられる両女優の対決、三人の関係や彼らが映画界にもたらした影響などを見ていきます。またこれらの作品とあわせて、記録映画の名匠ヴィットリオ・デ・セータの作品でエオリア諸島が舞台の「火の島」を取り上げ、様々な側面から作品とイタリア映画史への理解を深めていきます。映画の好きな方、この時代のイタリアの社会や風習にご興味がある方にもおすすめの講座です。